Amazonギフト券現金化は違法じゃないの!?

Amazonギフト券現金化は違法じゃないの!?

こんにちは!当サイトに来てくださり、ありがとうございます。

Amazonギフト券を現金化出来ることは皆さんご存じかと思います。「現金化」というのは「何かをお金に換える」という意味ですから、給料日前や金欠時などお金が必要な時にとても便利な方法です。

ずっと使っていた小物(ブランド品含む)や、もう着なくなった服など・・買取や出品することで簡単に現金化出来ますよね。ヤフオクでもそうですし、最近ではメルカリといった自分で出品する専用のアプリなども出ているくらいです。

メルカリで現金化

それくらい身近な「現金化」なのですが、今回のこの記事のテーマは”Amazonギフト券現金化の違法性について”です。

今の時代はAmazonギフト券を含む色々なものが簡単に現金化出来ます。しかし、現金化する対象がAmazonギフト券だった場合にも、自分が使用していた小物や洋服と同様に、問題なく売買するのは違法じゃないのか?恐らく皆さんが気にしているであろうこの点を徹底的に調べてみました。

1.クレジットカード会社の規約はどうなっている?

クレジットカード会社の規約

どのクレジットカード会社の規約にも文面は違えど「換金目的のショッピング枠の利用は禁止」と明記されています。

クレジットカード(ショッピング枠)の現金化も禁止事項に当てはまり、クレジットカードでAmazonギフト券を購入→現金化も違反しているのではないか?と議論されていますが…実際はどうなのでしょうか。

 

1-1.換金目的はダメ!だけど…

答えは「問題なし」です。

その理由は、Amazonギフト券はAmazonではクレジットカードでしか購入出来ないからです。タイトルを言い換えると、目的が”換金する”じゃなければクレジットカードでAmazonギフト券を購入し、現金化してもOKということになります。

具体的にどういう事かと言うと…

Amazonで欲しいものがあるからAmazonギフト券を買った→しかし商品は売り切れ→有効期限もあるし無駄にしないために換金した…これなら換金の目的でAmazonギフト券を購入したわけではないので、全く問題になりません。

最初から換金目的なのではなく、使い道が無くなったから結果的に現金化したというだけです。どんな動機でAmazonギフト券を買ったか?を1人1人調べるのは現実的に無理ですし、動機を突き止める方法は何1つないのです。

2.Amazonの規約はどうなっている?

Amazonギフト券細則

皆さんはAmazonギフト券が欲しい場合、どこで買いますか?

ヤフオクでも出品されていますが、まず最初に思い浮かべるのは公式サイトAmazonですよね。Amazonギフト券を販売している唯一の公式サイトなわけですが、このAmazonでの規約はどうなっているか?

規約の中には「Amazonギフト券を買取してもらってはいけない」という文章はどこにも見当たりません。

Amazonギフト券現金化に良く使われる方法は、買取サイトを利用する方法=つまり、未使用のギフト券を買取ってもらうことで現金に換える方法です。

しかし!Amazonの細則を見てみると【ギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること、換金することまたは他のアカウントで使用することはできません(一部抜粋)】とあります。換金がNGと記載されているんです。

もしこの行為が発覚すると、アカウントの凍結や購入したギフト券が無効にされる”可能性”があります。

しかし、いくらAmazonの細則に「換金はNG」と書かれていても、仮にAmazonギフト券を買って、現金化したからといって捕まるわけではありません。私自身もAmazonギフト券現金化の経験があるからです。

Amazonからペナルティを受けることもなく、無事にAmazonギフト券を現金化できましたよ。その時は、優良サイトとして定評のある買取ボブを利用しました。

【参考ページ】
・アマゾンギフト券の買取サイト一覧

2-1.Amazonにとっては好都合?!

  現金かはAmazonにとって好都合

先ほどの細則を読むと、Amazonギフト券の現金化(つまり売買)が規約違反になり得ることは理解出来ます。しかし、ギフト券を現金化した人が全員違反者となり摘発されるのか?と言えば、答えは「NO」です。

それは何故か?Amazonギフト券現金化業者(つまり買取サイト)の利用者が増えるほど、Amazonギフト券の購入者も比例して増える=Amazonの利益も増えるからです。

つまり、(明らかに違法行為と分かる様な場合を除いて)Amazonギフト券を現金化されても、Amazon側に何もデメリットがないのです。ですが、さすがに細則に「換金して良いよ」なんて書くわけがありません。

換金してはいけないと書いてあるのに、Amazonギフト券を現金化する人が増えれば増えるほど”アマゾン”と”買取サイト”がお互いwinwinの関係で成り立つのは何だか不思議な感じですけども。

商品券に置き換えてみても同じですね。商品券は金券ショップで現金化出来ますし、売る人がいる以上現金化はなくなりません。今や、ギフト券の売買は日常茶飯事なのですから。

3.買取サイトも違法ではない

買取サイトは違法ではない

Amazonとクレジットカード会社の規約を見てきたわけですが、これはユーザー(現金化する人)目線です。前章に出てきた買取サイト側から、Amazonギフト券現金化の違法性を紐解いてみましょう。

良く古物商許可証を取得している買取サイトなら現金化しても安心という意見も見かけます。確かに同じ買取サイトなら、古物商許可証の有無は判断材料の1つですし、買取サイトとしての安全度は高い(詐欺サイトではない)かもしれません。

しかし、古物というのは「商品券」や「切手」「切符」等を指し、主に金券ショップで売買されるものを指します。電子マネーであり仮想通貨に分類される、Amazonギフト券にこの古物は当てはまりません。

3-1.古物商許可証の有無と違法性は関係なし

古物にAmazonギフト券が含まれていない以上、許可証がない買取サイトだからといって違法ではない=つまり古物営業法にも違反していません。

ですので、Amazonギフト券現金化サイト(業者)は違法性がない、と断言できます。

もちろん、ギフト券番号を送ったのに振り込まない等の詐欺サイトは存在します。摘発され、問題になるのこれらの悪質サイトのみで、純粋にAmazonギフト券買取をおこない営業しているサイトもありますので、安心して下さい。

【まとめ】Amazonギフト券現金化は違法じゃないの!?

Amazonギフト券現金化の違法性について述べていきましたが、いかがでしたか?

賛否両論あるかと思いますが、私はAmazonギフト券現金化に関しては【違法性は極めて低い】という結論に至りました。しかし、今現在、出回っている情報や色々な観点から(私の主観含みます)考えてみた結果なので、この先どうなるかは分かりません。もしかしたら「違法」になるかもしれませんし、絶対に大丈夫!とは言い切れないのが、Amazonギフト券現金化です。

一番ベストなのは、現金化する際は『不要なAmazonギフト券』を使うことです。それと一度に大量に買わないこと。本当に利用するために買ったとしても、常識を超えて大量に買うというのはやはり「換金目的」と判断される可能性があるからです。

Amazonギフト券現金化の時はこの点を踏まつつ、注意して現金化して頂ければと思います。